安住の地を求めて
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | コメント(-)| トラックバック(-)|
ICOM の IC-Δ1 のお話、第3回です。

勇者的に有り得ないほどの凄い勢いで更新してますね。
この後は反動で3年ぐらい放置するかも知れず・・・。

そんな話はさておいて、今回は IC-Δ1 の修理を企ててみます。
が、実際に修理してみるかどうか、或いはそんな事がヘタレ勇者に可能なのかどうかは、また別の問題って事で・・・
あぁ、なんか書いてる自分自身「こりゃダメだな」って思っちゃいますね。
続きを読む人なんか居ないんじゃなかろうか?って言うか、誰かが読む事を期待して書いてる訳でも無いのが、このブログの特徴な訳ですが・・・(そうなのか?それでいいのか??)
続きを読む
スポンサーサイト
ICOM の IC-Δ1 のお話、第2回です。

前回は IC-Δ1 についてマトモな説明をしないままにダラーっと書いちゃいました。
おまえにマトモな説明が出来るのか?ってツッコミはごもっともですが、能力の限界を弁えずにマトモな説明に挑戦してみますよ、今回は!
いや、何を以ってマトモというのかの定義すら出来ない訳ですが・・・。
続きを読む
日付が変わっちゃいましたが、このネタを書きたかったのですよ。
ICOM の IC-Δ1 のお話です。

このリグ、貰い物・・・って事でいいですよね?>元の持ち主さん
煮て食うなり焼いて食うなり好きにしていいよ、って事でウチにやってきました。

発売は確か1992年頃、144/430/1200MHzの3バンドを同時に受信可能なハンディ機です。

イマドキのハンディ機とは比べ物にならないほどデカくて重たい上に、同一バンド2波同時受信みたいな芸当は出来ません。
そのかわり、という訳ではないでしょうが、1バンドで送信中にも他のバンドの受信が出来たりします。
続きを読む
アマチュア無線ネタ連発中です。

書けるときにまとめて書いとかないと、書けない時は全く書けませんからね。

という訳で、前回は FT-817を入手する所まで書いてたと思うので
その続きです。
続きを読む
前回までのあらすじ

色々あってアマチュア無線の免許をとる事にした勇者おまえ。
念願のアマチュア無線を無事に始める事ができるのか!?

結論:普通に始められました。

という訳で本編に続く…。
続きを読む
てな訳で、前回は資格のお話に終始してしまいましたが
無線機の話に行く前に、なんでアマチュア無線なんか始めたのかを思い出してみる事にしました。

話は中学生の頃まで遡ります。
続きを読む
時々、自分でもイヤになるほどヲタっぽい趣味しか持ち合わせていない勇者おまえです。

今回のテーマはアマチュア無線がらみデス。

まぁ好きだからこそやってる訳ですが、そんなにアクティビティ高い訳じゃありません。
キャリアも短くて今年でようやく5年目。
そう、やってる人なら知ってる再免許(要は更新ね)の年な訳です。
続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。